今期の相棒とご対面!! 【SABRE80&NOMAD105】

この冬を共に過ごす相棒たちがついにやってきました!!

一気に冬に向けてのモチベーションが高まります!

僕が使用するスキーのラインナップがこちらの3台です。

テレマークススキーヤーが選んだ今期のスキー

 

SABRE(セイバー)80

今期のIcelanticSki(アイスランティック)の中で一番タイトなスキー。といっても一般的にはセミファットの部類に入るとおもいますので充分多様性があるでしょう。
トップのロッカーが結構強く整地では接雪面が少なくなるので長めの184cmと174cmをチョイス。

飛びよりも滑り重視のタイプのスキーという印象がありましたが、手に取ってみると思ってた以上に軽い!
以前自作したパイン材のスキーと同じくらいの軽さ。笑

自作したパイン材のスキー

SABREは芯材部分にカーボンを編み込んでいるのでしっかりとしたハリがあり、ハイスピードでの安定感に期待できそうです!

SABER 80のスペック・詳細はこちら

NOMAD 105

ぱっと見フルロッカースキーにみえますが、若干のキャンバーがあります。

181cmをチョイスしましたが、軽いしロッカーも強いので小柄で体重の軽い方でも長めのスキーがオススメ!

軽い板は滑走中に太さを感じずに滑れるから好きです。

NOMAD 105のスペック・詳細はこちら

さっそくビンディングを取り付け、テレマークスキーとして命を吹き込む作業にかかります!

ビンディング選びは「新しいことに挑戦しよう! テレマークスキーの始め方!」をご覧ください。

ネットからPDFファイルの紙ゲージを出力することもできるのですが、あえて大工らしく差し金を使って尺寸法でビス穴の位置を割り出していきます。

ビス穴の位置を割り出し

芯墨の出し方を間違えるとビンディングが斜めに付いてしまうので慎重に、、笑

 

ロッテフェラー フリーライド

SABREにはロッテフェラー フリーライド

ボンバー ビショップ BMF-3

NOMADにはボンバー ビショップ BMF-3

どちらもNTNですね。

気分も冬モードになってきましたので、そろそろ自作スキー製作のほうにも取り掛かっていきたいとおもいます。

建築業界でも古民家再生がブームですが、スキー業界でも危なくない範囲でヴィンテージ物の再利用をしていきたいですね。

 

September 24, 2018/GEAR/

Instagram