家族でスキーを楽しむにはフリースタイルなスキーがおすすめ!

真夏にもうすぐなろうという時期ではありますが、年中冬の事で頭がいっぱいなICELANTIC JAPANの屋田です。
梅雨真っ盛りで各地で水害などがおきていて心が痛く被災された方々が心配です。皆様大丈夫でしょうか!?

今日はタイトルにも書いた通り「家族でスキー」というところをテーマに記事を書いてみたいと思います。

なぜ突然こんな記事を書き始めたかと言うと、私もまさに家族スキーを楽しんでる真っ只中の身ですので少しでも自分のやっている家族スキーの内容などをシェアして今後、家族でスキーなどを楽しみたいと思っている皆様の参考にして頂ければと思ったからです。

家族スキーとなると…

家族でスキーとなるとそれなりにスキーができる方であればまず自分の子供にスキーを教えてあげる事も楽しみの一つであると思います。

もちろんご自身がスキーをやらない、もしくは教えるほどスキーをやっていないという方はスキースクールなどにお子様を入校さあせてあげることが安全で楽しくスキーを楽しんでもらえることというのは大前提でありますが、今回は自らが子供にスキーを教えるという部分で考えた記事になっています。

私は元々キッズスキースクールなどにも関わっていた過去の経歴がありますのでスクールの良さもわかっていますのでそれはまた別の記事にしてみようと考えております。

自ら子供にスキーを教えるのに最適なスキー

自らがスキーを我が子に教えるという時に一緒にスキーを履いて教えることがあると思うのですが、単刀直入に自分の子供にスキーを教えるにあたって、フリースタイルなツインチップのスキーは最適だということが最近よくわかりました。

ゲレンデで教える際にも後ろ向きでバックボーゲンで子供のスキーの先端などを持って教えることがありますが、ツインチップのスキーは後ろ向きで滑っている時に扱いやすさは最高です。

ある程度滑れるようになった時でも子供はゲレンデの起伏などを楽しむのが大好きなので、フリースタイルなスキーを履いているとどんなところにも一緒についていくことができ楽しめます。

いつも考えているのは家族スキーだけでなくスキーの特に初心者を教える人にはフリースタイルなツインチップのスキーが適しているとさり気なく思っています。

それ以外にもスキーに太さがあるので子供を股に挟んで滑る時なども安定感は抜群です。

私の場合、最近だと下の子も連れてゲレンデにいきますので背負子に下の子を背負って、上の子は自分で滑らすというスタイルになっています。こんな時でもファットスキーを履くことで安定感があるので安心して滑れます。

道具が無いけどどうすれば!?

最近のスキー場ではハイパフォーマンスレンタルでフリースタイルのスキー、ツインチップのスキー、ファットスキーなどを手軽に借りれる時代になりました。

手ぶらでスキー場に来てもそれなりの道具がレンタル出来てしまう今は本当に便利ですよね。
もちろん大人のスキーだけでなく子供のスキーもたくさん滑るお子様だったりすれば道具を揃えてあげることも良いかもしれませんが、すぐにサイズが合わなくなってしまう成長期のお子様の場合はレンタルなどにした方が上達につながると思います。スキーが嫌になってしまう要因の一つにサイズが合わない道具で足が痛くなってしまったりすることがあったりしますからね。

子供にもフリースタイルなスキー

また子どもたちにもフリースタイルなスキーを履かせてあげるのも上達の一つだと思っています。
子供は前向きに滑るだけが楽しみではないと思うのでツインチップのスキーを履かせてあげれば後ろ向きに滑ったりなど楽しみ方の幅が広がります。

スノーボードの始めはフリースタイル

私は元々スノーボーダーでもあるので言えることですが、スノーボードを始めるときもフリースタイルが始めやすいのと同じことだと思っています。

私自身はスノーボードではフリースタイルもアルペンも両方やるのでわかることですが、初めて滑る人にいきなりアルペンスノーボードを渡してもおそらくほとんど滑れないと思っています。
アルペンスノーボードが良くないとかそういうものではないのですが、単純に早く上達してゲレンデを自由に滑れるようになったほうが楽しいという概念で見れば近道をさせてあげた方が良いからという理由です。

それから考えればフリースタイル(自由)で練習をさせてあげた方が上達しますし、良いのではと思っています。

家族でスキーは良いコミュニケーション

話しはそれてしまいましたが私の場合、若干特殊例の家族スキーかもしれませんが、要は何が言いたいかと言うと滑れる、滑れないに関わらず家族でスキーをすることは新たなコミュニケーションの場となり、一緒にスポーツを楽しむことで絆も生まれてくると思っています。

最近ではなかなかスキーなどの家族旅行などは減ってきてしまっていますが、本州であればだいたい車を3時間も走らせる、もしくは電車に数時間乗っていればスキーを楽しめるこの日本の恵まれた環境を味わえる贅沢な国だと思っていますので是非この冬は家族でスキーを楽しんでみるのはいかがでしょうか!?

個人的なところで自己満足でもありますが、子供とスキーを楽しんでいるときが自分にとっては物凄く幸せで楽しい時間です。

この楽しさを少しでも多くの皆様に知ってもらう、共感したいと言うのが私のミッションでありライフワークだと思っています。

そんな時にICELANTICのスキーと関わってもらえるのが更に嬉しいことですがね!

 

July 13, 2020/LIFESTYLE/

記事を読んだらぜひ「いいね!」をお願いします!!

オンラインストアはこちら

WEB STORE

Instagram