【Hakuba47】はパークからパウダーや整地圧雪されたバーンまで楽しめるスキー場

先日ICELANTIC JAPANの集まれるメンバー(伊藤ルカ佐藤寛マネジメントメンバー)でHakuba47スキー場に滑りに行って参りました。
スキー場の全体的な記事「白馬エリア全10スキー場完全ガイド&リフト券・シーズン券を徹底比較」で書いた通りエイブル白馬五竜ともつながっているスキー場になります。
個人的なことですがHakuba47は自宅からですと一番近いスキー場でもあります。

パークからパウダーや整地圧雪されたバーン色々と楽しめるHakuba47

タイトルにも書きましたがこちらのスキー場は全般なんでも楽しむことが出来ます。
充実したパークや事前に講習や登録をすることでビブを貸し出してもらいツリーランエリアに入ったり朝一は整地されたロングなコースでカービングを楽しんだりすることも出来ます。
実際、山頂から麓まで滑っていくとかなり足がパンパンになります。

今回は折角なのでこのHakuba47で色々なことをして楽しもうという事でフリーセッションしてきました。

急斜面の整地バーンを楽しめるルート2

写真では伝わりづらいですが、最大斜度30°あります。
ここではカービングセッションです。

最初は若手のルカから、スロープスタイルの選手ですが普通に滑らせても上手です。

最後はカッコよく決めてくれます。
この日乗っていた板はNomad95、普通にこうやってカービングを楽しむこともできちゃいます。

Nomad95

続いてはテレマークのSIAデモ佐藤さん。
さすが上手。

この斜め後ろからのテレマークスタイルが本当にカッコいいです。
佐藤さんが今回乗っていたのSABRE80、テレマークにとても相性が良いそうです!

SABRE80

続いてはマネジメントメンバーのQちゃん。
本人お気に入りで履いているNomad105LITE。

Nomad105LITE

最後は私、さり気なく今年初めて滑ってるところ写真に撮ってもらいました。
私の今季の愛用スキーはNomad115、1台でなんでも出来てしまうスグレモノです。

Nomad115

今回はさかもっちゃんが撮影をしてくれたのでやっと写真に映ることが出来ました。

自然地形を楽しめるルート2下のゾーン

ルート2の下の方ではゴンドラ方面に向かうルートで非圧雪なゾーンがあります。
そこでも色々と楽しく滑ることが出来ます。
FREE RIDEの雰囲気味わいたい人にちょうどいいところだと思います。

ルカクラスになると自然地形でもめっちゃ楽しそうに飛び回っています。

佐藤さんはSABREの細さを感じさせない滑り、オールマウンテンモデルなのでこういう時なんでもこなせるのが良いですね。

私も写真で撮ってもらうとそれっぽく見えてしまう。
せめて写りだけでもカッコよく見せたいという一心で滑ってました。

ルート4のスノーパーク

ルート2を滑り終えると下にあるのはルート4のスノーパーク。
ここでも楽しく色々とやってみました。

ハーフパイプの起伏を使ってエアを決めたり。

キッカーを飛んでみたり。ここに来ると、スロープスタイルで活躍しているルカがめっちゃイケイケです。

そして負けじとテレマークの佐藤さんもボックスへ。
テレマークでここまで出来るんだと思いながら見てました。

かかと上がるからこそこんな事も出来ちゃいます。

そんな感じで結構楽しく1日滑らせて頂きました。
Hakuba47は色々なことで楽しむことが出来るので1日滑っていても全然飽きが来ないですね。

また、現在検討中ですがHakuba47で試乗会なども企画しようと思っていますので詳細が決まりましたらまたお知らせ致します。

January 15, 2019/SKI/

記事を読んだらぜひ「いいね!」をお願いします!!

オンラインストアはこちら

WEB STORE

Instagram