アクセス良好な【鹿島槍スキー場】は手軽に楽しめる身近なスキー場

2019年になりやっと新年初滑りに行って参りました。
今日行ってきたのはICELANTICのマネジメントメンバーがホームゲレンデにしているHAKUBA VALLEY鹿島槍スキー場、自分は基本「白馬エリア全10スキー場完全ガイド&リフト券・シーズン券を徹底比較」で書いた通り1日券で滑る派ですので1日券ですが、他のメンバーはシーズン券持っているスキー場です。
そう、シーズン券を持っているメンバーが居ると一緒に来た人の1日券が500円引きになるという素晴らしい配慮。
鹿島槍に行くならシーズン券持ってる人探して一緒に行ってもらえればお得ですよ。

新年初滑りは鹿島槍スキー場

話はそれましたが今日はその鹿島槍スキー場で気持ちよく滑ってきました。

本日のメンバー

今日のメンバーは滑走日数21日目の坂本&セールスマネージャーのQちゃんの3人。
意気揚々と8時集合なのに集まった時間は7時半、みんなスキーが大好きなんでワクワクで早くついてしまいます。
今日のアクセスは中綱湖の横からアクセスすることが出来る中綱ゲレンデ前に集合。
ブーツ履いて、板の準備してさっそくゲレンデへ!

今日の板のチョイスはそれぞれ
坂本・・・Natural101

Qちゃん・・・Nomad105

私・・・Nomad115

まずはセントラルプラザ1130のある上のエリアへ

中綱ゲレンデからは第6クワッドリフトに乗るとすぐに到着します。
そこから少しトラバースして第1クワッドリフトへ、このリフトのあるゲレンデが比較的起伏が多くて面白いんです、そしてスゴく景色がいい。

実はそこに白馬では有名なスノーナビさんが撮影をしていたのでさり気なく写りに行ったら今日の記事に出ました。
2019年1月9日 鹿島槍スキー場  ゲレンデレポート  テンション高めな3人組という感じで出てます。

何本か滑ったあとは更にこの上にある第10ペアリフトへ行きました。
ここは青木湖が見えるスゴく景色の良い場所です。

この景色へ飛び込んでいく感じで滑るのは爽快ですね。

テンションあがって一気にたくさん滑ったら疲れたのでセンターハウスへひと休みしに、鹿島槍スキー場はすり鉢状のゲレンデですのでどこからでも簡単にセンターハウスにアクセスすることが出来ます。

自分たちは鹿島槍は通えるので良いのですがここに宿泊することも出来たり温泉に入れたりもします。
スキー場の横に泊まれるのシーズンインで夏油高原に行った時に感じたのですが結構良いです。

PHOTO SESSION

休憩後は相変わらず写真撮るのが好きなのでフォトセッション。
ライダーに負けないくらい自分たちもかっこいい写真残していきます。

滑走日数21日の坂本

滑走日数21日の坂本はここまで上達してます。
ICELANTICのスキーが彼を育ててくれていることでしょう。

スキー熱が加熱中のQちゃん

元々スキーヤーとして滑っていたQちゃんもICELANTICのスキーに出会ってからスキー熱がより加熱しています。
今日は一緒にジブの練習まで!

こんな感じで今日も楽しく滑ってまいりました。

滑ったあとはしっかり仕事

ちなみにこれだけガンガン滑ってますがもちろん仕事もしてますよ。
午後からはしっかり八方に新たにオープンしたICELANTIC JAPAN FLAGSHIP STOREでご購入頂いた板にビンディング付けたり、パウダー用のスキーを貸し出したりやってましたよ。

ICELANTIC JAPAN FLAGSHIP STORE

まだご紹介してませんでしたがさり気なく八方尾根スキー場のゴンドラ乗り場徒歩1分のところにオープンしております。

WOODY RENTALさんのスペースを共同で活用させて頂いております。
詳しいことは後日ご紹介させて頂きますが、こちらではICELANTICのニューモデルをテストして頂くことができ、更にその場でスキーを購入することも出来ます。
おそらく直営店ですのでスキーのラインナップは日本一揃っています。
すでにたくさんの方にご来場いただいていますのでいまさらかもしれませんが、お近くまでお越しの際は是非お立ち寄りください。
カフェも併設しておりますのでまったりして頂くことも出来ます。

January 8, 2019/SKI/

記事を読んだらぜひ「いいね!」をお願いします!!

オンラインストアはこちら

WEB STORE

Instagram